隠れオネエの特徴。ゲイは女性的?

いま、もっとも勢いのあるゲイ専用出会い系サイト『G!!!』

ゲイの人で、自分が女性的な立ち振舞いや言葉遣いをしているために、周囲から変な目で見られたり子供の時に苛められたりした経験のある人はいませんか。

ゲイのなかでも、女性的な振る舞いをしたり、格好をしたりする人は、オネエと呼ばれていて、そんな人たちにはいくてか行動に共通点があります。
ホントはゲイだけど、周囲には隠している人も、もしかしたら、隠れオネエとして周りに認識されているかもしれません。

今回は、そんな隠れオネエの特徴を紹介してみます。
ゲイでオネエであることを公言している人は、自分の振る舞いを再認識できますし、ゲイであることをまだ人に隠しておきたい人は、これらのことを認識しておくことで、気づかないうちに人にゲイだと思われるかもしれない振る舞いを改善できます。
もし、興味があれば、こちらの情報を参考にしてみてくださいね。

隠れオネエかも?と思われる人の特徴

あれ?
この人、隠れオネエ?と思われるかもしれない人の特徴として以下のものがあります。

【隠れオネエの特徴】
⬛喋り方が女性らしい
しゃべり方が女性っぽい人は、そのまんま、オネエですよね。

⬛驚いたとき、悲鳴が「キャー」と女性的
普段はオネエではないように振る舞っていても、一瞬の油断で驚いたときの悲鳴が「きゃっ!?」の場合、その人は隠れオネエの可能性があります。

⬛「かわいい〜」を連発する
かわいい、を連発は、これもオネエの特徴ですよね。

⬛しばしば男性にスキンシップしてくる
オネエの言葉遣いはしないけど、男性に頻繁にボディタッチしてくる人っていますよね。このような人はゲイやオネエの可能性が高いです。

⬛歩き方が内股
歩き方が内股っていう人は男性にはあまりいませんが、これも該当する人は、高い確率でオネエです。

いかがでしょうか。
これらに当てはまっている人は、もしかしたら、周りにこの人ゲイかも?もしかしたら、隠れオネエかも?
と思われている可能性が高いです。

すでに周囲にゲイであることやオネエであることをカミングアウトしているなら大丈夫ですが、まだ、カミングアウトの準備が整っていない人は、その用意ができるまでは控えた方が良いかもしれませんね。

ゲイとオネエは少し違っていて、すべてのゲイがオネエのようなしゃべり方や振る舞いをするわけではありません。ゲイの特徴は、また、別の記事で紹介したいと思います。

世界的に女性的な振る舞いをするゲイは多い

必ずしも、決してゲイ=女性的という図式はあてはまりませんが、自分が女性的だと自覚していたり、周囲に女性的だと認識されていたりするゲイの割合は多いです。

これは日本だけでなく世界的にそうであるようで、欧米でも、アジアでも、それぞれのゲイカルチャーを調査する限り、同性愛者のなかには女性的な振る舞いや言動をする人がいます。

同性愛者よりトランスジェンダーに分類される場合も

女性的な役割がしっくりくる。
男性であることの違和感が自己認知にまで及ぶ。

このような場合、ゲイ(同性愛者)というよりは、トランスジェンダーや性同一性障害というカテゴリに当てはめた方が、しっくりいく場合もあります。

オカマという悪口には開き直ろう

もし、あなたがオネエと呼ばれるような女性的なゲイだった場合、きっと、あなたが性に目覚める思春期の頃からかなり生きづらさや居心地の悪さを感じていたはずてす。

侮蔑の言葉として、オカマという言葉を投げかけられて、傷ついたこともあったはず。

でも、ぼくは、『オカマでもいいじゃないか』と開き直ってもいいと思うんです。
逆にオカマやオネエという言葉に過剰反応するのは、自身が女性的であることを見下しているからです。しかし、このような考え方をすることは、女性が男性より劣る、という差別の歴史を支持することに繋がります。

しかし、大切なのは、女性的な男性がいれば、男性的な女性もいることを容認する社会をつくっていくことなんです。

とはいえ、もしかしたら、女性的な男性を好むゲイの数は少ないかもしれません。そういう性的嗜好を持つゲイは、経験的にあまり出会ったことがないです。

だから、自分が思ったようなゲイと出会えないと嘆く気持ちも分かります。
でも、そうなのだとすれば、オネエが自分の性愛を満足させようと思ったのなら、自身が外側が求めるものに合わせていくしかありません。

女性的な男性であることを変えずに、ポイントは、入り口の部分を相手が望むような形にしておく、ということです。
自分らしさを最初に受け入れてもらおうとする前に、それをしておくと、恋人探しにおいてグッと有利になります。

たとえば、恋人を探すときに、
・口調を男っぽくする
・筋肉質の体つきにする
・無精髭を生やす
・格好いいファッションにする

など、いろいろあります。
自分がモテないと嘆くより、自身の入り口の部分を洗練させることで、楽しいオネエライフを送ることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です